関節痛に効果が期待されるアイハという成分が入っているというタマゴサミン!

 

嘘とはどういうことなのでしょうか?

 

調べていきたいと思います。

 

タマゴサミンは嘘くさいという噂は本当なの?

 

タマゴサミンは関節痛に効果があるということで人気がありますね。

 

でも、タマゴサミンのことを検索していると、嘘というワードが出てきます。

 

これはどういうことなのでしょうか?

 

これはタマゴサミンが効かない、効果は嘘なのだという人も中にはいるかもしれません。

 

 

タマゴサミンが嘘くさいという真相

 

タマゴサミンが嘘くさいというのは、アイハという成分が関節の間にある軟骨どうしのクッションの役割をしているヒアルロン酸を体内で作ることができるということに期待して飲んだけれど、やはり効果がなかったという人の意見なのかもしれません。

 

けれども、アイハという新成分は学会でも認められたもので、日経新聞でも取り上げられたことがあるのだそうです。

 

タマゴサミンを開発し販売しているファーマフーズという株式会社は、誠実な対応をしている会社で医食同源ということを大切にしています。

 

ですから食事と一緒にタマゴサミンをとっていくことで体にやさしく作用することを目指しているのだということです。

 

薬であっても、何事にも個人差があるので、必ずしも100%の人に効果があるということは言えません。

 

ですからタマゴサミンも治るということはないかもしれませんが、長く続けて飲むことで痛みが楽になったということになる可能性があります。

 

嘘くさいという人もいると思いますが、これは期待して飲んだ結果、飲むタイミングなどもあり期待通りでなかったという人の意見なのかもしれません。

 

その反面、タマゴサミンを飲み始めてから1か月もたたないうちにひざが楽になったという人も多くいらっしゃいます。

 

ひざに一番効果が期待できるというものらしいですが、肩や節々、股関節などの痛みが楽になったという声は多くあります。

 

最低2か月から半年くらい続けて飲むことが大事なのだと思います。

 

 

>>>タマゴサミンの公式サイトはこちら