タマゴサミンって本当のところ腰痛に効くの?損しないための情報!

タマゴサミンは、年齢を重ねるにつれておこる腰やひざ、関節の痛みなどに効果があるというサプリメントです。

 

中高年になると、関節の部分にあった軟骨成分がすり減ってきます。

 

そのため、骨と骨があたったりして痛みが出るんですね。

 

その痛みに効果があるというタマゴサミンという健康食品があります!

 

すごくうれしいですね!

 

では、タマゴサミンは、腰痛にも効果は期待できるのでしょうか?

 

タマゴサミン 腰痛

 

調べてみたいと思います。

 

 

タマゴサミンは、腰痛に効果は期待できるのか

 

タマゴサミンの成分には、よく知られているグルコサミンやコンドロイチン、コラーゲン、ヒアルロン酸などが配合されています。

 

これらは、骨と骨の間にある軟骨成分、つまりクッションといえる部分の材料といえると思います。

 

しかし、これらの材料だけがあってもクッション部分はできませんよね。

 

その材料を使って、軟骨を生産しないといけませんよね。

 

その生産をサポートするのが、iHA(アイハ)です!

 

卵の黄身のタンパクから新成分であるiHA(アイハ)が取り出されました!

 

タマゴサミン 腰痛

 

iHAは、軟骨成分の生産に関係があるとのことなんですね!

 

これで、軟骨成分の材料と生産をサポートするものが配合されたので、いよいよ軟骨成分ができてくるということになりますね!

 

ひざや関節の痛みもだんだん良くなって来るでしょう。

 

もちろん、腰痛にも効果が期待できるとのことでした。

 

タマゴサミンとともに、タマコツBPというサプリメントがあります。

 

タマゴサミン 腰痛

 

タマコツBPは、栄養機能食品でボーンヘップという卵黄ペプチドで骨を作る基盤を整える成分や、卵殻カルシウムも配合されています。

 

タマゴサミンといっしょに摂ることで、効果があがるんですね!

 

 

タマゴサミンが腰痛に効果があらわれるまでの期間はどれくらい?

 

タマゴサミンは、健康食品ですが、即効果があらわれるとは限りません。

 

年齢や骨や軟骨の状態、吸収する力などにも関係してきます。

 

普通は、3か月から4か月飲み続けて効果が期待できるのです。

 

しかし、個人差があり、早い人では1ヶ月経つか経たないかでもう効果があらわれる方もいらっしゃいます。

 

一方では、半年から1年でやっと効果があらわれる方もいらっしゃるのです。

 

人により、年齢により差はありますが、飲み続けることによりきっと効果は出てくると思います。

 

痛みとはさよならして、自分で動けるという喜びを実感しましょう!

 

 

 

>>>タマゴサミンの公式サイトはこちら